アルコール消毒液がなければ、台所洗剤で消毒液を作ろう!

新型コロナウイルスの感染拡大で、マスク販売現場が混乱しているみたいですね。僕自身は、洗えるマスクを使っているので、今のところ新しく買う必要はなくて、そんな混乱状態は体験したことがないです。

で、マスクマスクとなっていますが、消毒も大切です。マスクと同じように、アルコール消毒液がなかなか買えない状況になっているようです。

そんな世の中の状況を考え、この記事では消毒について、アルコールがなくても代替品があるので、わざわざアルコールを探して歩きまわる必要はないですよ、という情報を紹介します。

国立感染症研究所のレポート

あまり怪しげな情報ソースを紹介しても仕方がないので、国立感染症研究所のウェブページを紹介します。

感染症情報センター Infectious Disease Surveillance Center

このページでは、2003年にSARSウイルスが世界的に感染した時に書かれたものです。このSARSウイルスと今回の新型コロナウイルスはとても似ているものだそうで、専門家には今回のコロナウイルスをSARS2と呼んでいる人もいるようです。

で、今回の新型コロナウイルスにも、このレポートにある界面活性剤での消毒が有効だとされています。と書いても、このレポートを読み込むのは大変でしょうから、必要なところをザクっと簡単に書いてみたいと思います。気になる方はページに直接飛んでよく読んでください。

界面活性剤が新型コロナウイルスを殺す

ウイルスの感染防止のために消毒が大切で、消毒をするには二つの薬剤が推奨されます。

  1. アルコール
  2. 界面活性剤をぬるま湯に溶かしたもの(台所用合成洗剤として濃度0.5%以上)

このアルコールは現時点では世の中的に不足気味なので、今回は2番目の界面活性剤が使えますよ、という話です。界面活性剤とかいわれると難しい感じがしますが、家庭用台所洗剤でも使えるものがありますよ、ということです。

すべての家庭用台所洗剤が使えるわけではなくて、その成分として

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

が使われているものが消毒として使えます。また、難しい名前が出てきた…。

これらの成分を使っている家庭用台所洗剤っていろいろありますが、一例としてママレモンがいいかなと思っています。

ママレモンは大手メーカーのライオンが作る昔からある洗剤です。界面活性剤としても、上に挙げた2種類が使われています。野菜とか果物とか食べものにも洗える洗剤なので、身体には優しいし安全な感じです。身体に優しくてウイルスに効く、これいいですね。

アルコールの代わりに漂白剤を使う方法も流れてきますが、身体には少し危険です。でも、この台所洗剤なら普通に使っているものだし、安全度は上がります。

また、この洗剤であれば、新型コロナウイルスの感染が止まった後に余っていれば、ただ日常的に使えばいいだけなので、無駄にもならないですね。アルコールを買いだめしている人とか、ウイルス騒動が終わった後、余っていたらどうするんだろう?とか思います。

そういう心配も要らないですね。

消毒液の作り方

家庭用台所洗剤をぬるま湯で1%程度に希釈します。具体的には、500mlのペットボトルであれば、ぬるま湯でボトルを満たし、小さじ一杯分の洗剤を入れるだけ。あっ、ペットボトルのキャップ一杯でもOKです。あとはよく振って混ぜれば出来上がりです。

簡単ですね。

実際に作ってみると、かなり泡立つと思います。台所洗剤ってすごいなって思います。100倍に薄めてもあんなに泡立つなんて、思ってもみませんでした。これはこれで、なんかやばい気がします。

とりあえず、今回はこれでいけるとは思います。

消毒液の使い方

作った消毒液を浸した雑巾で2度拭きします。

スプレー状のものに消毒液を入れて噴霧するのは、ウイルスを空気中に舞い上がらせる可能性があるので、やらない方がいいです。雑巾で2度拭きしましょう。

まとめ

10年以上も前にSARSが流行った時、今でも使える対策案がすでに考えられていました。この情報は、今現在なぜかあまり出回ってきません。でも、ご家庭にある台所洗剤(なんでもいいわけではない)を100倍に薄めるだけで効果があるとのことなので、今回の感染症に関してはアルコール消毒液を探し回る必要はもうないと思います。

毎日、新型コロナウイルスへの研究が進んでいるようです。その中で、感染拡大予防として消毒、手洗いが非常にというか、より効果的と考えられるようになってきているようです。マスクやその他のできることは大切です。でも、最も効果的なのは消毒、手洗いのようなので重要視していただくといいと思います。

自分の感染を防ぐ、もしかしたら感染している自分のウイルスを他人にはうつさない、どちらもとても大切です。どちらも意識しましょう。

僕個人的には、マスクは布製を使っています。洗うときには、こういった台所用洗剤で洗えばいいので、ちょっと面倒は面倒ですけど品薄で入手困難なことにはなっていないので、精神衛生上も非常に楽です。

で、早く終息するといいですね。

エッセイ
スポンサーリンク

ケーセブン整骨院代表の走尾(はしお)です。
大学工学部を出て、コンピュータメーカーでコンピュータのハード設計を11年以上経験してから人の身体をよくする業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきたと思っています。
コンピュータの業界で培った技術と人の身体で培ってきた技術の相乗効果で、よりよい施術品質を提供しています。

Jun Hashioをフォローする
スポーツ障害,捻挫,打撲,肉離れ,かかとの痛みはケーセブン整骨院