整骨院、接骨院、整形外科、整体、カイロって何が違うのか。保険は使えるのか。

現代は、ものすごい健康ブームで、街のあちらこちらに病院を含めた治療屋さんが乱立しています。一般利用者の方には、「違いは何だろう?どこに行けばいいの?料金はどのくらい?」と疑問に思っている方も多いはず。

そこで、この記事では整骨院・接骨院・整形外科やカイロ・整体・鍼灸などの違いと、それぞれの料金の相場観みたいなものを紹介していきます。

まずは、これらの違いをざっくりと表にまとめました。

種類免許健康保険費用手術/薬/レントゲン
整骨院・接骨院柔道整復師数100円~×
整形外科医師数100円~
カイロなし×数1000円~×
整体なし×数1000円~×
鍼灸鍼師・灸師数1000円~×
あんま・マッサージあんまマッサージ師数1000円~×

治療院の違い。免許や治療範囲など

では、少し詳しく、それぞれを説明していきます。一般読者の方に割りやすくするため、厳密にはちょっと違うよ、という表現も使っています。理解のしやすさを優先しているとご理解いただければ幸いです。

整骨院・接骨院

ケーセブンもそうですが、まず整骨院と接骨院。実は、違うようで両者は同じです。どちらも国家資格の柔道整復師が施術します。怪我の場合には健康保険が使えて、自己負担数百円で施術が受けられます。

施術内容的には、一般的には「電気+マッサージ+湿布」です。マッサージ重視のところが多いです。なかには、より効果を出すために、保険外施術を合わせている場合もあります。その場合には、もう少し費用は掛かるようです。

注意点的には、本来、肩こりとか疲労回復では健康保険は使えません。

「えっ!肩こりとか疲労回復でも健康保険が使えているよ!」という方もいると思います。それは、厳密にはダメなんだけどやっちゃってるんでしょうね。

整形外科

整形外科は医師免許、つまりお医者さんです。だから基本的に治療としては何でもできるます。薬を出す、レントゲンやMRIを撮る、手術をするとか何の問題もなくできます。鍼とか打つ先生もいるようですね。

カイロ・整体

カイロプラクティック、整体は免許がありません。国としては何の認定もしていません。だからといって、カイロや整体の先生が全員下手とかそういうことではなく、凄腕の先生もいます。技術者なので。

でも、逆に「この先生、何にも知らないんじゃないの?」っていう先生もいます。通信教育を数カ月受けただけの素人に毛が生えたような先生もいます。ばらつきが大きいです。ちょっと怖いですね。

費用的には、5,000円からみたいな感じです。ただ、最近では価格破壊が起こり始めているようです。

カイロはイメージ的には「ボキボキ」矯正治療です。背骨を中心にポキッとかボキッってやります。最近では、もっとやさしい矯正をする先生もいるようです。ほぼマッサージというところも多いみたい。治療というよりも慰安ですね。

整体は、ボキボキやる先生もいるし、ストレッチ系のものもあるようです。実際にはマッサージ系のものが多いようです。治すというより、慰安的な施術が多い感じがします。多様過ぎて、一言では説明できないです。産後ケアとか整体ジャンルでやっていることが多いですね。

鍼灸・マッサージ

上の図に入れなかったのですが、鍼灸とかマッサージもあります。鍼、灸、マッサージはそれぞれに免許(国家資格)があります。

通常は健康保険は使えません。ただ、場合によっては使えることもあります。費用的には、健康保険が使えないので、5,000円くらいからが多いようです。ただ、ここでも価格破壊が起こり始めている感じがします。

あなたの痛みはどうしたらいいのか?

「痛みや治療を受けなきゃ」って思ったときにどうするか。答えは、症状や好みによります。

何か起きたときに、「レントゲンを撮らないと不安で仕方ない」という方は、整形外科一択です。他では撮れないです。

どうも整形外科があまり好きでないし、痛みの出た原因がはっきりしている、例えばくじいたとかぶつけたなどの場合には、整骨院・接骨院でOKです。整体・カイロ・鍼灸は、厳密には法律的にケガへの治療はできないので整骨院・接骨院が選択肢の中心になります。

「いつの間にか痛みが出てきた」場合には、本来的には整形外科をお勧めしたいですが、整体・カイロ・鍼灸なんかでもいいかもしれないです。

痛みの状態で考える場合もあります。「動くと痛い、じっとしていれば大丈夫」という場合は、肉体的に壊れている可能性が高いので、整骨院・接骨院・整形外科がいいです。

逆に「じっとしていても痛い」という場合は、整形外科か、場合によっては内科とかかもしれないです。この場合には、整体・カイロはお勧めしません。医師のもとで、病的なものがないことをまず確認しましょう。

事例

当院は整骨院なので、ケガへの施術がメインです。なので、「動かないで、じっとしていても痛い」場合には注意が必要で、お医者さんへ行っていただくこともあります。

先日、足の甲がすごく腫れて痛いという方がいらっしゃいました。ケガの腫れ方じゃなかったし、本人もケガをするような覚えはなかったということで、内科受診を勧めました。内科での診断の結果、「痛風」でした。

あと、介護職の方が手首が痛くなったといらしたことがありました。これもよくみていくとケガっぽくないんだけど腫れているということで、内科もしくは皮膚科の行きやすい方をお勧めしました。これは「蜂に刺された」ということでした。

それと「身体の動き具合」がどうにも変だなと感じたがあって、脳関係の検査を勧めました。これは実際に脳の問題だったようです。

お気に入りの治療院をお持ちの方は多いと思いますが、何でもかんでもそこでOKとはなかなかいきません。場合によっては、専門のところに少しでも早くいった方がいいケースもあります。

では、ケーセブン整骨院の実態は?!

こんなことを書き連ねてきましたが、ケーセブン整骨院はどんな感じなのかというと、ハイブリッド型です。健康保険での施術は制約が多すぎ、充分な効果を出せないことが多いです。こうした場合には相談の上、保険外の施術もさせていただいています。

テーピング類を貼ったり、筋膜リリースをします。費用的には全部で1,000円程度かかることがあるので、健康保険だけのところよりは高いです。

あと、本格的に活動しているアスリートとかダンサーとか俳優さんなどもにも使っていただいています。この方々は治療というよりもメンテナンスです。なので、健康保険は全然きかない施術をしています。

まとめ

身体の治療といってもいろいろあります。

ある程度この記事で紹介させていただいたこと参考にして、あとはここだと思うところに突撃してみてください。最後は人対人なので、人としての相性に左右されることもありますので、いくつか試すことも必要かもしれません。

一つだけ気を付けて欲しいことがあって、「治療と慰安を混同しないようにしてください」ということ。気持ちよさがあると、治療効果があるように錯覚する場合があります。そこだけは気を付けてほしいです。気持ちよさと治療効果は、全く別物の場合が多いです。

身体の治療についてお困りの方に何らかの参考になれば幸いです。

エッセイ
スポンサーリンク

ケーセブン整骨院代表の走尾(はしお)です。
大学工学部を出て、コンピュータメーカーでコンピュータのハード設計を11年以上経験してから人の身体をよくする業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきたと思っています。
コンピュータの業界で培った技術と人の身体で培ってきた技術の相乗効果で、よりよい施術品質を提供しています。

Jun Hashioをフォローする
さいたま市大宮区 スポーツするならケーセブン整骨院