最新コラム

スポンサーリンク
エッセイ

整骨院の治療といえば、マッサージな感じですか?

いろいろな場で初めて出会ったとお話しして、仕事として整骨院をしている話をすると、 マッサージ受けたい~ のようにいわれることが多いです。世の中の多くの人の感覚として、 整骨院(接骨院)=マッサージ という図式があるよ...
捻挫

メディセル、微弱電流、テーピングを使った足首捻挫回復への最速施術

アスリートを重視しているケーセブン整骨院では、足首の捻挫について特に重要視してきました。数年前に上げた記事で今はアーカイブされているものがありましたので、加筆修正したうえで紹介します。 スポーツをしている上では、怪我はつきもの。きちっ...
ある患者さんの場合

膝が痛くて、正座やしゃがんだところから立ち上がれないのは歳のせいといわれた…

時々記事として書いていることでもあるのですが、どう考えてもおかしい話がお医者様の口から出ても、みんな鵜呑みにし過ぎだなと思うことがあります。先生はえらいから間違ったことはいわないだろうし、いったところでどうにもならないと考えがちですけど、や...
エッセイ

テーピングをしているときのお風呂対策はどうしたらいいのか

昔、バレーボールのトレーナーとして全国大会に帯同していた頃は、キネシオテープをメインに使っていました。特に、青・赤・黒といったカラーテープがほとんど。 夜、よくチーム全体でスーパー銭湯に出かけましたが、選手によってはテーピングをしたまま入...
ある患者さんの場合

ハーフマラソンに出たらアキレス腱が痛くなった。これは歳のせい?

以前、よくケーセブンを使ってくださっていた70代女性。ハーフマラソンにも年に数大会エントリーしており、とてもパワフルです。今回、レース中にアキレス腱が痛くなったと久しぶりに来院されました。「歳のせいかしら…」とのことでしたが…。 今回のア...
エッセイ

古くて新しい治療用具、バンシンを使い始めました!

ケーセブンの施術は、テストをしながら小さいシールを貼っていくのが主体です。が、極たまに肌がかなり弱く小さいシールでもかぶれてしまう人がいるので、対策を考えていました。 そして、昔導入テストした東洋医学系の治療器を応用すること思いつき、いろ...
エッセイ

小学生の駅伝大会の季節です。お子さんの足の痛みは大丈夫?

この時期、小学校では駅伝大会があり、たくさんの子供がいきなり普段は走らないような走り方を始めます。これに伴い、足の痛みを訴えるケースが増えます。成長期だから仕方がないとか、たくさん走り始めたから仕方ないということはなく、ちゃんとケアを受けることでしっかりと走れるようになります。
エッセイ

医療機器(メディセル)の吸引圧が上がらなくなった時のメンテナンス方法

ある日の夕方、急に治療機械の調子が悪くなりました(吸引圧が下がる)。メーカーに症状の問い合わせをしてみたところ、「とにかく送ってもらう他に何もコメントできない」といわれ、途方に暮れ、どうせ使えないならと自分でメンテナンスをしました。 ...