足首捻挫の基礎知識、治るまでの期間や処置やリハビリなど。

LINEで送る
Pocket

柔道整復師(国家免許)の走尾潤です。日々の生活で「足首の捻挫」はよくあり、患者さんとしても多くいらっしゃいます。一般的には甘く見られがちだと感じるので、基本的な情報をシェアしたいと思います。

関連記事:
続編も是非⇒続、足首捻挫の基礎知識。整骨院や接骨院を使うときの注意事項。
実際の施術のご紹介⇛小学生の足首捻挫への実際の施術はこんな感じです

先日、捻挫をしてしまった小学生が来院されました。

スポーツをしているときにくじいて、痛みが強かったので整形外科へ。レントゲンを撮ったところ特に骨に異常はないということで「捻挫」という診断。

次に、多くのお友達が通っているという接骨院さんへ。毎日通って1週間ほど経ったのだけど、なかなか治らないということでセカンドオピニオン的にケーセブン整骨院へ来院されました。

診せていただくと、うっすらと内出血が出ています。いくら小学生でも1週間で治るのは無理な感じ。でも、今までに行った整形外科でも接骨院でも治るまでの期間についての説明がなかったようで、不安になってしまったようです。

そこで、この記事では、足首の捻挫では治るまでにどのくらいの時間が必要なのか、どんな処置をして、普段的にはどうしたらいいのか、リハビリは必要なのか、というあたりを解説します。


※写真はイメージ

捻挫とはなに?

まず最初に、「捻挫」とは何なのか。

捻挫とは、骨と骨をつなぐ靭帯(じんたい)が無理やり引き伸ばされて、伸びたり切れたりする怪我のことです。だから、関節部に起こるもので関節でないところ、スネとか太ももとか、そういうところには起きようがありません。

時々、「靭帯損傷といわれました」と来る方がいらっしゃるのですが、同じことです。なんか、靭帯損傷とかいわれるとすごく重篤な感じで、どうしてわざわざ患者さんに靱帯損傷とかいうんだろうなって思います。間違いじゃないんですけど…。

治癒期間

あくまでも教科書的ではありますが、治るまでに3週間の時間が必要です。

実際には、多少の増減があります。症状の重さ、年齢、普段の活動性、栄養状態など様々な要因で変化します。

痛みが強かったり、内出血がでるようであれば、1週間で治ることはないということをまずは知っておいてください。

症状の重さ

捻挫の程度は、1~3度で分類します。重いほど治るまでに時間が掛かります。(上の書いた3週間は1度のとき)

  • 1度:軽症 だいたい痛みだけ
  • 2度:中等症 靭帯が部分的に切れている
  • 3度:重症 靭帯が切れている

という感じです。定規をあててこの数値だからこう、みたいな厳密な分類ではありません。

内出血がある場合、靭帯に切れている部分があると考えられて2度以上といえそうです。完全に切れている3度だと、現実的にはものすごい内出血が出て、痛みもかなり強いです。足首より下が真っ黒になり、松葉杖がないと歩けないという感じです。

年齢

治るまでの期間に年齢は影響します。若ければ若いほど早く、歳をとればとるほど遅くなります。

小中学生はかなり早い感じがするし、60代以降になるとだいぶ遅くなるなという感じです。

普段の活動性

「壊れたところに負担をかけ続けたらなかなか治らないだろうな」というのは誰しも想像できると思います。

「痛くても練習する。」これだと治るものもなかなか治らなくなります。どうしても練習しながら治したいという方は、治るまでの時間が余計にかかるということを理解したうえでやってくださいね。

普段どうするか、リハビリは?

治療期間中の処置として、ある程度の固定をします。その人の聞きわけの良さとか、仕事状況とか、そういうのを考えながら固定強度を変えています。

軽めの症状、1度くらいであれば、サポーターやバンドを使った、患者さん自身の固定で済ますことが多いです。お風呂なども入りやすいです。痛くても練習するとか、指示をしてもあまり聞いてくれそうもない方の場合には、硬めのサポーターなどを勧める場合があります。

2度~3度くらいになると、それなりの固定が必要です。

よくある1度~軽い2度くらいだと標準的な3週間程度で、痛みが消えてきて日常生活が普通に送れるようになってくることが多いです。ここから先はリハビリ期間。関節の動く範囲が狭くなっていればそれを戻すようにしたり、筋力低下が起きていれば、多少のトレーニングをしていただくこともあります。1度くらいであれば、何もしなくても大丈夫な場合が多いです。

ケースバイケースですね。

腫れがなかなか治まらない…

1度位の捻挫で教科書的な3週間がたっても腫れは引かない場合があります。そもそも医療の世界でいう3週間は、「日常生活に戻れるレベル」で「全く元通りになる」までのものではないです。

これもケースバイケースなのですが、人によっては数カ月も腫れが引かない場合があります。

この場合には、実際に捻挫した場所だけでなく下半身全体、全身のチェックをしてもらうといいです。なぜかというと、身体全体の重心が捻挫をした側に偏っていれば患部への大きな負担が掛かりっぱなしになっている可能性があるということ。こうした場合は、スポーツ系の病院や治療院の方がいいかもしれません。

ただ、たいていは痛みもなくなり日常生活にも支障がないので、いつの間にか治った状態になることが多いです。激しいスポーツをするのでなければ、そのまま自然治癒を待ってもいいでしょう。

まとめ

捻挫のような怪我は、治るまでに絶対的に必要な時間があります。たいていの場合、数日で治ってしまうことはありません。治ったとすれば、捻挫じゃなかったか本当に軽かったということでしょう。

通常は一般の方が思っているよりは長い期間が必要です。少しでも早く治すには、

  • ちゃんとした処置(固定)
  • 安静を保つ(運動しない)
  • 充分休養を取る
  • バランスの良い食事を心がける

などが必要です。実は、治療回数を増やすよりも、そういった日常でのご自身の努力の方が実を結びやすいです。焦る気持ちも理解できますが、じっくり治すことが重要です。

怪我をしない、予防的努力をすることがもっとも大切なのは言うまでもありません。ご利用いただいている治療院の先生に教わっていただくといいと思います。

続編も是非⇒続、足首捻挫の基礎知識。整骨院や接骨院を使うときの注意事項。
実際の施術のご紹介⇛小学生の足首捻挫への実際の施術はこんな感じです

投稿者プロフィール

走尾 潤
走尾 潤
ケーセブン整骨院代表の走尾(はしお)です。 工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。 今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。 コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
LINEで送る
Pocket