小学生高学年によくある「かかと」の痛み、それ本当にシーバー病?

LINEで送る
Pocket

踵の痛み

小学生高学年のお子さんによくみられる症状に「踵(かかと)の痛み」があります。

整形外科や接骨院さんなどに行かれ、「シーバー病(セーバー病)」といわれることが多いです。多分、ほとんどです。

「踵の痛み」は世の中的にも比較的多い症状なのでネット検索をするとたくさんの情報が見つかります。それらから骨端症とか成長痛とか既にご存知の方も多いと思います。まだの方は是非「シーバー病」で検索してみてください。

で、たくさんのシーバー病情報はネットにゆずるとして、この記事は「それ本当にシーバー病なの?」をテーマにします。

あれっ、っと思うこと

ケーセブン整骨院にも「踵の痛み」を訴えるお子さんがいらっしゃいます。小学生高学年で特にサッカー少年が多いです。

まず最初にチェックするのが押して痛い場所です。シーバー病であれば、踵の後ろ側アキレス腱の付け根辺りに痛みが出るはず。これは「踵の骨をアキレス腱が強く引っ張る」という仕組みからきます。

押すことにより痛い場所をチェックしていくと「これはシーバー病だなぁ」と思うことはあります。ただ問題なのは、「踵の痛み」といっても上に書いた場所と違うところに痛みが出ているケースが多いということ。微妙に違う場所なんです。感覚的に8割くらいは違います

では、なぜ痛みが出るのか。

小学生高学年といえば、身体がどんどん成長を始める時期。骨の成長と筋肉の成長に時期やスピードの違いがあるので、どこかでバランスの崩れが起きだんだんと増大していきます。

この、バランスの崩れがいろいろなトラブルの原因となり、今回のテーマの踵の痛みも作り出しているのではないかと考えています。そこで、バランス(前後左右の重心バランスやねじれなど)をチェックすれば効果的な施術が提供できるはずです。

治療や施術の考え方

一般的には、治療や施術は「痛みを指標」にします。ケーセブン整骨院では、そのほかに「動きを指標」にしています。動きを指標にすると、痛みを指標にしたときには見えないものが見えてきます。通常、痛みより先に動きの異常がでてくるので、トラブルの早期発見と予防措置ができます。

ケーセブン整骨院では、患者さんの全身の様子を知るため最初に「足踏み」を評価します。すると、踵の痛みを持っている子のほとんどは、重心が後ろに下がり足の指が浮いているような状態になり踵着地になるような足踏みをします。

これは、歩いたり走ったりするときに地面からの衝撃を吸収する足の機能がしっかりと働かず、踵で直接衝撃を受けるということです。

これだと踵に痛みが出ても不思議ではありません。そこで、重心を前側に引き出し、足の指もしっかり機能するように身体を調整するとその場で痛みが消えることも少なくないです。というか、ほとんどの場合微痛か無痛でお帰りいただけます。

実際に踵の痛みで来院いただいた小学4年生男子の体に怒っていたことと実際の施術風景を続編で解説しましたので、是非ご覧ください。

続、小学生高学年によくある「かかと」の痛み、実践編 (施術映像あり)

まとめ

こういった現象を見ていると、本当にシーバー病っていうケースはそれほどないんじゃないかと思います。

現実的なことをいえば、大切なのは傷病名じゃなく、そこにいる患者さんが楽になるかどうかです。もしかしたら僕の考えが違ってみんなシーバー病なのかもしれませんが、現実的に痛みが和らぎ動きやすくなっているので、それはそれでいいかなと思っています。

もし、小学生高学年くらいのお子様が「踵が痛い」と訴えたらその場で足踏みをさせて指先をよく観察してみてください。しっかり床を握るようなら正常、なんとなく上を向くようだったり指と床の間に隙間が空くような感じに見えるときには、重心を前方に引き出す施術が痛みを軽減するためにとても有効です。電気とマッサージと湿布と様子見では時間がかかります。

お近くでしたら、是非みせてください。痛みの軽減、がんばります!

投稿者プロフィール

走尾 潤
走尾 潤

ケーセブン整骨院代表の走尾(はしお)です。

大学工学部を出て、コンピュータメーカーでコンピュータのハード設計を11年以上経験してから人の身体をよくする業界に入ってきました。

今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきたと思っています。

コンピュータの業界で培った技術と人の身体で培ってきた技術の相乗効果で、よりよい施術品質を提供しています。


LINEで送る
Pocket