踵が痛ければなんでもかんでもシーバー病? 成長痛の闇

スポンサーリンク

先日、小学1年生の男の子が、踵が痛いということで来院されました。

問診では、かなりたくさんのことを聞きます。効果的な施術のためには、より多くの情報が必要になるから。

で、話を聞いていくと、整形外科では「シーバー病」との診断を受けたとのこと。お子さんの踵に痛みが出ると、よくあることではあるのですが…。

最初に断っておきますと、ケーセブンは整骨院なので、資格的には「医師」ではありません。そのため、法律的には「診断」をすることができません。どういうことかというと、

この症状だと○○炎だとか、○○病だとか、○○だ

みたいにいうことができないです。

まぁ、法律の不備な点もあろうかとは思います。何が起きているのか、まったくわからなかったら何も施術ができないわけで、何らかの施術をしているということは、ある程度の判断をしているわけです。

それはさておき、今回の記事ではシーバー病

教科書的には「成長痛の一種」ということになっています。成長痛…です。

今回シーバー病の診断を受けてきた患者さんは小学校1年生。

小学校1年生です。

小学校1年生では成長痛なんて起きないよ、ということはできないです。世の中に絶対がないので。そして、僕らには診断することができないので、「これはシーバー病だ」とか「これはシーバー病ではない」とか診断することはできません。

ちなみに、今までたくさんのお子さんを見せていただいて、「これはシーバーだな…」と心の中で思った最年少は小学3年生。これも非常にレアケースで、シーバー病特有の場所を押した時の痛みが出ました。

今回は、痛みが出ている場所は少し違うところです。踵といえば踵だけど、シーバーで痛くなるところじゃないです。

さて、施術です。

踵の痛みに関しては、身体全体の評価をするとほぼ同じ現象がでています。なので、それを取り除く。

  1. 重心位置の前方にずらす
  2. 土踏まずの構築
  3. 足の指を動きやすくする

大雑把にいえば、こんな感じ。今自分で書いてて思うけど、踵なんて触ってないですね。

細かいことは置いておき、その場で痛みはほぼ解決。

今回のケース、いったい何が起こっていたのでしょうか?

ぶっちゃけ、これは誰にもわからない。事実として、施術後に痛みが減った。それだけです。

本当に成長痛があったのか、誤診だったのか。あったのだとすれば、小学1年生で成長痛なんてとてもまれなケース。誤診だったとすれば、ある確率でしょうがないでしょうね。人のやることなんで。

ただ、気持ち的には

踵が痛い=成長痛(シーバー)

となるのは、ちょっと待ってほしいかなと。シーバー様の痛みって、中高年の女性にも割とあるもの。さすがに、その人たちに成長痛ですとはいわないと思うんですね。

と、小学1年生に起きた踵の成長痛。いつもの通りにすんなり解消できてよかったです。

ある患者さんの場合
スポンサーリンク

ケーセブン整骨院代表の走尾(はしお)です。
大学工学部を出て、コンピュータメーカーでコンピュータのハード設計を11年以上経験してから人の身体をよくする業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきたと思っています。
コンピュータの業界で培った技術と人の身体で培ってきた技術の相乗効果で、よりよい施術品質を提供しています。

Jun Hashioをフォローする
さいたま市大宮区 ケーセブン整骨院
タイトルとURLをコピーしました