続、小学生高学年によくある「かかと」の痛み、実践編

少し寒くなってきたせいか、いつの間にか風邪気味で喉が痛い院長の走尾潤です。

前の記事では、「かかとの痛みは本当にシーバー病?」というテーマで記事を書きました。そこで、この記事では実際にかかとが痛いお子さんがどんな風に見えて、どんなことをしたら、どう身体が変わっていき痛みがどうなったのか、実践編ということでリアルな現場を紹介します。一応続編なので、前の記事をお読みになっていない方は是非どうぞ。

それ本当にシーバー病? 小学生高学年によくある「かかと」の痛み
柔道整復師(国家免許)の走尾 潤です。日常の仕事の中で比較的多い小学生高学年の踵の痛みについての情報をシェアします。小学生高学年のお子さんによくみられる症状に「踵(かかと)の痛み」があります。整形外科や接骨院さんなどに行くと、よ...

足踏み

どんな感じか

今回紹介するのは、小学4年生男子。いつの間にか踵(かかと)が痛くなってきたということで来院。痛みの出る部分は、踵の足の裏の部分のど真ん中。足踏みでも痛みが出るということです。アキレス腱の付け根、踵の後ろ側ではなくて裏側です。

足踏みの動き具合を、施術の前後で動画にしましたのでご覧いただきます。

ビフォアアフター

まずは、少しだけ解説です。

前の記事で紹介していますが、「踵の痛みを持つお子さんのほとんどで見られる動き」が足踏み時に指が浮いてしまうというもの。この映像でも施術前には浮く感じが見てとれると思います。施術後ではほぼ消えています。

また、踵に注目をすると施術前には「着地時に踵を含めた足裏全体で着地をしている感じ」があります。これだと、足の衝撃吸収機能は働きません。足踏みと実際に走ったり歩いたりするのは状態が少し違いますが、評価方法としては経験上問題はありません。

施術後には、微妙ではありますがつま先側が先に着地をし、足全体が柔らかく着地をしています。

着地位置に着目しても変化は出ています。施術前は着地位置がバラバラでフラフラしている感じ。施術後は着地位置が安定しています。

踵の痛みへの施術前後の動き

特別大きな動きの差ではないので、見慣れないとよくわからないかもしれません。ただ、裏を返すとこのくらいの微妙な動きの違いで、痛みの有無につながることを知っていただけると嬉しいです。

施術風景

では、この変化を引き出した施術を紹介します。やっていることは、小さい医療用のシールを貼っていくだけです。ものとしては特殊なものではなくて、貼る場所がポイントです。貼る場所を決めるために、貼るごとに必ずテストをします。

踵の痛みに対処するための施術

押した時の反応具合から貼る場所を決めています。上下左右から押した時、指を下から持ち上げるように押した時、などなど今までの経験から必要なテストを決めています。

結果

動画の施術だけで、お子さんの感覚では痛みは半減しました。この後、更に体幹部の調整をしました。それで痛みは完全消失しています。翌日に痛みが出ることはありますが、施術を何度か、大抵は数回すればほぼ完治状態になります。

実は、この例と同じことは年令に関係なく起きます。大人の世代でも踵の痛みを訴える方がいて、足踏みの動きをチェックするとほぼ同じようなことが起きています。

なので、踵が痛ければ何でもかんでもシーバー病というのは、ちょっと違うかなと思っています。

踵の痛み、もしなかなか治らないようでしたらご相談ください。成長期のお子さんでなくても、このようなメカニズムで確認させていただきます。

ある患者さんの場合
スポンサーリンク

ケーセブン整骨院代表の走尾(はしお)です。
大学工学部を出て、コンピュータメーカーでコンピュータのハード設計を11年以上経験してから人の身体をよくする業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきたと思っています。
コンピュータの業界で培った技術と人の身体で培ってきた技術の相乗効果で、よりよい施術品質を提供しています。

Jun Hashioをフォローする
捻挫,打撲,肉離れ,かかとの痛みはケーセブン整骨院