• TEL: 048-650-3262(患者さまご予約専用)
  • ていねい施術の整骨院 スポーツする人応援します!

腰が痛くなって治療に行くことがありますよね。だいたいは似通った痛みだと思いますが、たまには違うパターンの痛みが出ることはありませんか?

あまり知られていないことかもしれませんが、「腰痛」といってもいくつかのパターンがあり、それぞれに治療方法や考え方が変わってきます。だから、違うパターンの痛みの時には、違うパターンの治療になるはず。

この記事では、その辺を紹介します。

腰痛治療

腰痛にもタイプ、原因があります。

同じ腰痛でも、タイプがいくつかあります。それぞれに、原因も違います。なので、治療をする場所や方法が微妙に変わってくることがあります。

分け方の一例として、前屈型と後屈型というのがあります。前屈型は前にかがんだ時に痛みが強くなるタイプで、後屈型は後ろに反ったときに痛みが強くなるタイプです。

治療的には、前屈型は身体の後ろ側、痛みの出ている腰に対して治療をすると効果が出やすいです。逆に、後屈型は腹筋の働き具合が落ちていて、それが原因で痛みを作ることが多いため、おなか側の治療が必要になることが多いです。

別の分類方法として、上半身の状態の影響で腰痛になる場合と、下半身の状態の影響で腰痛になる場合があります。それぞれに、微妙に治療が変わります。

あとは、左右の真ん中が痛む場合と、左右どちらかに偏って痛みが出る場合も治療が変わります。左右に偏って痛みが出る場合には、広背筋という背筋のトラブルのことが多く、腰というよりも背筋の治療が効果的です。

プロが大切にすること

こんな感じで、タイプによって治療をする場所や方法が変わってきます。治療をする側としては、

  • 最初にお話を聞きながらこのタイプ分けをしていくこと。
  • タイプ分けしたことを手掛かりに、実際に検査をして治療方法を確定していくこと

を大切にしています。

セルフケアをする場合には

もし、ご自分で体操なりストレッチで何とかしたい場合、上で紹介したタイプ分けを考慮していただくといいと思います。

タイプに対して適切に体操なりストレッチができれば、効果が上がると思います。最初から正確にタイプ分けをすることはできないと思うので、ご自身なりにいろいろ試していくといいでしょう。

適切でなければそれなりの結果しか得られないでしょうし、場合によっては悪化することもあるかもしれないので、注意が必要です。

それでも良くならないときには、プロの手を借りてください。やっぱりセルフケアはセルフケアでしかないですから。

投稿者プロフィール

Hashio Jun
ケーセブン整骨院の院長をしています。

大学は工学部を出て、コンピュータ会社に勤め、コンピュータの回路設計を10年以上してから転身して今の仕事をしています。

異色な分だけ、業界標準にとらわれない新しい手法で施術を進めていきます。「同じことをしていたら同じような結果しか得られない。」なので、なかなか結果が得られないときには使っていただけると嬉しいです。